新柳の教え

人生を楽しく幸せに生きるための知恵、教え、考え方をお伝えします

ライザップに入会して思ったこと【その10】 減量期と筋肉増量期を分けている理由

みなさんこんにちは。

 

今回はライザップに入会して思ったこと【その10】 減量期と筋肉増量期を分けている理由をお届けします。

 

www.teachingsofshinryu.com

 

 

ライザップではトレーニングの合間に中間カウンセリングというものがあります。

トレーナーの上司にあたると思われるエリアマネージャーがカウセリングの担当です。

僕の場合、無料カウンセリング、入会の対応をしてもらったのがエリアマネージャーだったので、その方と面談をしました。

 

まだ開始して1ヶ月も経っていないのに、もう2回もカウンセリングをしています。

 

中間カウンセリングではアンケートに答えたものをベースにコミュニケーションをとっていきます。

トレーナーの対応に関すること、入会後の変化、悩み、質問などを10分程度話をします。

 

パーソナルトレーナーというのはクライアントに伴走する大切な存在です。

そして、一定の教育を受けてはいるものの個人差が大きく出るのではないかとも思います。

もちろん相性もありますね。

 

ライザップではこの辺のケアのために上司が出てくるのかなと推測しました。

また恐らく30日間全額返金保証があるので、この辺のケアもしているのでしょう。

 

エリアマネージャーの方に聞きたいことを問われたので、素朴に疑問として湧いてきた減量期と筋肉増量期を分けていることについて聞いてみました。

 

減量期と筋肉増量期を分けている理由

僕:「いきなり筋肉増量に向かわずに減量をするのはなぜですか?」

 

RIZAP EM:

「例外はありますが、ほとんどの方は脂肪がつき過ぎています。」

「脂肪がつき過ぎた状態で筋トレをすると非常に効率が悪いんです。」

 

僕:「せっかく筋肉をつけても脂肪に覆われて見えないってことですか?」

 

RIZAP EM:

「それもありますが、理由は他にあります。」

「内臓脂肪がつき過ぎていると、内臓が圧迫されます。」

「だから内臓の働きが悪くなっているのです。」

「内臓脂肪を取り除いて隙間を空けて、内臓の働きをよくすると筋肉も付きやすくなるのです。」

 

なるほどなあ。

内臓脂肪が多いと腹が出てみっともないぐらいしか思ってなかった僕は、新しい気づきを得ました。

それって筋トレ以外にもすべての身体の健康にとっていいことだよね。

 

僕:「なるほど。身体のお掃除を先にやるってことですね。」

 

エリアマネージャーのお話を聞いて、僕は疑問が解けてスッキリしました。

 

ちなみに僕の内臓脂肪レベルは「10」です。

タニタの体組成計によると、「やや過剰」のようです。

 

後日トレーナーの方に内臓脂肪レベルってどこまで下げたらいいのか聞いてみました。

 

「3です」

 

うわ、こりゃ大変だ!

 

というのが僕の印象です。

 

でもこれで内臓脂肪レベルのゴールが分かったので、3に向けて進んでいこうと思いました。

 

みなさん、いかがでしたでしょうか。

筋トレをする方はまず脂肪を落とすことを心掛けてみるといいと思います。

 

 

www.teachingsofshinryu.com

 

 

www.teachingsofshinryu.com